不動産会社の勧める提携ローンは一番お得なローンなの?

住宅ローン
(写真Monkey Business Images/shutterstock)


モーゲージスペシャリストの大山です。今回はマイホームとして中古マンションを購入されたお客様の事例についてご紹介します。お客様は今後金利が上昇するとのお考えがあり、全期間固定金利でのお借入をご希望されていました。

お客様の総借入額は3,000万円、借り入れ期間は35年です。

Summary

不動産会社の提携ローンの全期間固定金利1.50%、弊社提案の全期間固定金利1.40%

提携ローンよりも金利の低いローンで借り入れし、総返済額が70万円ダウン

相談に来られた背景

住宅を購入するにあたり不動産会社から提携ローンの話があったが、不動産会社の提携ローンの条件が本当にいいものか第三者に確認したいとのことで、ご相談にいらっしゃいました。

ご提案内容

不動産会社の提携ローンの金利や諸費用等の条件を確認。お客様がご希望されている全期間固定金利で不動産会社よりも条件のいい金融機関を探し出し、総返済額を比較。

銀行交渉・結果

本件は昭和50年築の中古マンションの購入資金であったため、築年数の観点から取り扱いが可能かどうかをネット銀行、メガバンク、地方銀行等多数の金融機関に確認。

その後、対応可能な金融機関の中で金利比較を行い総返済額が一番抑えられる金融機関を提案。お客様にも条件面でご納得いただき借り入れ申込を実施。無事審査も応諾となりご紹介したローンでの借り入れとなりました。

不動産会社が勧めた提携ローンとご案内した総返済額を比較すると70万円の返済額を削減できました。

  不動産会社提携ローン 弊社提携ローン
返済期間 35年 35年
金利 1.5% 1.4%
金利タイプ 全期間固定 全期間固定
総返済額 3,860万円 3,790万円
月次返済額 9.2万円 9.2万円
総返済額差 70万円

お客様の声

自分だけでは条件のいいローンを見つけることができませんでした。

生まれて初めての住宅ローンを借りましたが、きちんと一から説明をしてもらえたので安心して借りることができました。

担当者からのコメント

マイホームを購入される際、多くの方は『自分はいくらローンが借りられるだろう?』と借りることしか頭にありません。希望額まで借りられればどんなローンでもいい!楽チンだったらそれがいい!そう思われている方がほとんどです。そのため、不動産会社に勧められる提携ローンに申込を行い、見直しもせずに返し続けているのが現状です。ですが、不動産会社の提携ローンが一番いいローンとは限りません。

住宅を買われる方の一部には、ご自身で金融機関に足を運び住宅ローン窓口担当者にローンについて尋ねられる方もいらっしゃるでしょう。そこでも、金融機関担当者の話がよく理解できずに言われるがまま、勧められるがまま借入をされる方がいらっしゃいます。

不動産会社や銀行のいいなりになってしまうのはなぜなのでしょうか?理由は住宅ローンについての知識がないからです。不動産会社や銀行から勧められるローンが本当に自分にとって一番有利なローン何かを判断するすべがないのです。

しかし、不動産会社や銀行から勧められるローンがお客様にとって最善かどうかは分かりません。不動産会社は物件を売るのが第一の目的なので、審査に通しやすい提携ローンを勧めます。金融機関は仮に他の金融機関の商品が自行の商品より優れていたとしても、当然ながら自行の商品を一番いいものとして提案します。

住宅ローンはネット銀行からノンバングまで多くの金融機関で取り扱いをしている商品であり、金融機関により得意不得意も様々です。A銀行の審査が否決だったお客様でもB銀行であれば審査が応諾になることもあります。また、優遇条件を含めた最終的な適用金利は審査後にならないと分かりません。だからこそ、第3者の目を持った専門家にアドバイスを受けことが効果的であると考えます。

住宅ローンは高額でかつ返済期間の長い買い物です。『いくら借りられる?』も大切ですが、『最終的にいくら返すのか?』を考えることも重要です。

弊社は金融機関出身のプロフェッショナルが、弊社で取引のある様々な金融機関の住宅ローン商品の中から、お客様にとって最も有利になる商品をご提案します。是非一度ご相談下さい。

文/大山 陽子(モーゲージスペシャリスト)

>>面倒な銀行選びと申し込み手続はお任せ!


 【オススメ記事】
既存ローンの金利が低くメリット額はないが、保障の手厚い疾病保障付き住宅ローンへの借換を実現
投資用物件保有、フラット35→変動金利への借り換えで、約1,350万円のメリットを実現
フラット35からの借り換えで220万円のメリットを実現
賃貸併用住宅の借り換えで600万円のメリットを実現
借入期間が残り少なくても、借り換えメリット額110万円に