どうする?あなたの住宅ローン 第8回:借り換え事例(フラット35からの借り換え)

フラット35
(写真Syda Productions/shutterstock)

 

「どうする?あなたの住宅ローン」もいよいよ第8回となります。これまでは、住宅ローンのキャッシュフローの特徴から団信まで、住宅ローンの商品性について色々と説明してきました。いよいよその集大成といったところで、残り3回は実例を取り上げながら、昨年のマイナス金利の導入以来ブームとなっている住宅ローンの借り換えについてご紹介させていただきます。

フラット35からの借り換え

2017年4月現在、住宅ローンコンサルティングサービス「モゲチェック・プラザ」では、毎月数十人もの方が借り換えに成功しています。借り換えによってお客様が実現される総返済額の削減額(以下、「借り換えメリット」)は平均約500万円ですが、中には1,000万円以上の借り換えメリットを実現される方もいます。このような高額な借り換えメリットを実現する方のほとんどは、前回ご紹介した住宅ローン商品「フラット35」を借りている人になります。なぜこれほどまでに、借り換えメリットが高額になるのでしょうか。実際のケースを取り上げて、その理由を解説してまいります。

Aさんは、残高6,200万円、返済期間27年、金利1.8%のフラット35を借りていましたが、0.55%の変動金利の住宅ローンに借り換えました。これにより、総返済額が8,200万円から7,000万円となり、借り換えメリットは1,200万円となりました。毎月の返済額も26万円から22万円にと、4万円も下げることができています。

フラット35からの借り換えでメリットが大きい理由

フラット35から変動金利への借り換えでメリットが大きく出る理由は2つあります。

1つは、固定金利から変動金利に借り換えて金利が大きく下がること、もう1つは、隠れた金利ともいえる団信料の削減ができることです。Aさんの場合ですと金利が1.8%から0.55%へ、1.25%も下がりました。加えて、フラット35の場合、金利とは別に年に一度、団信料を支払う必要があります。これは金利にすると約0.36%に相当します。民間金融機関の住宅ローンだと団信料は金利に含まれますので、別途団信料を負担する必要がありません。

したがってAさんは、フラット35から変動金利の住宅ローンに借り換えることで、表面金利で1.25%、団信料でさらに0.36%、合計1.61%の金利削減に成功したことになります。これがフラット35の借り換えで、大きな借り換えメリットが実現できる理由となります。

フラット35からの借り換えで注意するポイント

一方、フラット35から変動金利に借り換える際に注意するポイントは、金利リスクです。全期間固定から変動にするということは、金利低減のメリットを享受する反面、将来の金利リスクを取ることになります。その判断をする前に以下の3点を検討すべきだと考えます。

1点目は、将来、金利が上昇しても毎月の返済に支障が出ないかどうか、についての返済能力分析をすることです。今より2%程度金利が上昇した場合に毎月の返済額がどれくらいになり、家計へのインパクトはどれくらいあるのかを予め試算しておくべきでしょう。一般的に銀行は、3%前半から4%の金利を使って借り手の返済能力を審査しています。したがって、銀行の審査に合格したということは2%程度の金利上昇であれば返済できるということのお墨付きがもらえた、と考えることもできます。

2点目は、全期間固定金利との損得比較です。金利は今すぐ上がるということはなく、今後時間をかけて上がっていくでしょうが、その場合どのようなタイミングでどれくらい金利が上昇すると全期間固定と総返済額が同じになるのか、といったブレークイーブンポイントを知っておくべきでしょう。ご自身が考える将来の金利シナリオが、当該ブレークイーブンポイントより低ければ、変動金利に借り換えるべきだと考えられます。

3点目は、金利の動きをモニタリングする体制の確保です。金利上昇はある時、急に起きるのではなく、その前兆となる国内外の経済や金利政策の動きがあるはずですから、ご自身でそれらの情報を集め分析しておくことが大事です。もしくは、その道のプロフェッショナルに相談してみるのも選択肢の1つと考えられます。

いざ金利が上がってから右往左往するのではなく、金利が上がる前に固定金利への金利変更や借り換えといった選択肢を検討しておくべきでしょう。その際には2点目に検討した損得比較が重要な指針となり得るといえるでしょう。

>>面倒な銀行選びと申し込み手続はお任せ!


 【どうする?あなたの住宅ローン】シリーズ
どうする?あなたの住宅ローン 第1回:なぜ借り換えか
どうする?あなたの住宅ローン 第2回:なぜ変動金利なのに金利が下がらないのか
どうする?あなたの住宅ローン 第3回:より正確な住宅ローンの期間(アベレージライフ)
どうする?あなたの住宅ローン 第4回:住宅ローンの金利と収益性
どうする?あなたの住宅ローン 第5回:固定金利か変動金利か
どうする?あなたの住宅ローン 第6回:フラット35
どうする?あなたの住宅ローン 第7回:団体信用生命保険
どうする?あなたの住宅ローン 第9回:借り換え事例(メリットが少ない借り換え)
どうする?あなたの住宅ローン 第10回:借り換え事例(リバースモーゲージ)

こちらもチェック

フラット35の7月金利予想 (2017/6/19)

2017年6月16日、住宅金融 ...