住信SBIネット銀行の住宅ローン「MR.住宅ローンREAL」に無料で付いてくる「おまけ」とは

住宅ローン
(写真 jocic/shutterstock)


住信SBIネット銀行の住宅ローンとは

すでに「住宅ローンのすゝめ」でも何度かご紹介している住信SBIネット銀行の住宅ローン「MR.住宅ローンREAL」ですが、ご存知でない読者の方も多いと考えられますので、まず簡単にその商品性についてご説明致します。

【主な特徴】
・適用金利が業界最低水準 変動金利 0.447%(2017年4月現在)
・団体信用生命保険に加え8疾病保障が金利上乗せなしの無料で付いてくる

簡単にお伝えすると、金利が業界最低水準にも関わらず、無料で充実した疾病保障がついてくるという非常に魅力的な商品です。

更に無料でついてくる「おまけ」について

そんな住信SBIネット銀行の住宅ローン「MR.住宅ローンREAL」ですが、金利と疾病保障以外にも無料で付いてくる嬉しい「おまけ」がいくつもあります。今回は、その「おまけ」について3点をご紹介致します。

おまけその1:充実の傷害保障が無条件で付帯される

死亡や高度障害、疾病による保険の申請が必要になる事態に陥ることは、実際には、稀だと思います。ただ、借入期間中、無事故でケガなくずっと健康であるという人もまた稀なのではないでしょうか。この住宅ローンには、日常の万一に備えて「団体総合生活補償保険」が無条件で付帯されます。

これは、次のような場合に適用される保険です。

・交通事故等によるケガにため入院された場合
・交通事故等によるケガの治療のため手術を受けられた場合
・偶然の事故等により、法律上の損害賠償責任を負われた場合

入院保険金は、日額3,000円。手術を受けた場合の保険金は1回につき15,000〜30,000円と費用の全てを賄えるものではありませんが、無料で付いてくる保険としては充分ではないでしょうか。また、個人賠償責任に対する保険金は、上限1億円と充実しています。
既にその他の保険でカバーされている方でも保険の見直しにより家計の圧縮を検討できる内容だと思います。

おまけその2:繰上返済がいつでもいくらでも無料でできる

当初、35年の最長期間で借り入れしておき、家計に余裕が出たら都度繰上返済して、定年までに完済しておこうと考えている方は結構多いことでしょう。この住宅ローンでは、1円から何度でも手数料無料で繰上返済し、返済期間を短くしたり、毎月の返済額を減らしたりすることができます。

大手金融機関以外が借り入れ先の場合、適用金利は低くとも繰上返済に都度、手数料が必要であったり、わざわざ変更契約書に署名・捺印しなければならなかったりと、意外と面倒なルールがあったりするのですが、この住宅ローンでは、家計の余った資金を毎月繰上返済に充てたり、ランチで余った小銭を充てたりと気軽に繰上げ返済することができます。このサービスを利用すれば、500円貯金の感覚でどんどん返済を進めることができます。

おまけその3:資金移動が無料でできる

住信SBIネット銀行は、新興の銀行ですので「昔から口座を持っていてメインで利用している」、「既に給与振込口座になっている」という方は少ないと考えられます。また、給与口座は勤務先の指定があるので変えられないという方も多いことでしょう。そんな方のために、返済口座への資金移動が自動で出来る「定額自動入金サービス」を無料で利用できます。これにより、現状の給与振込口座を変えることなく、かつ、毎月返済のために資金を移動させる手間もなく、安心して返済することが出来ます。

借り換えの検討材料として

いかがでしたでしょうか。今回は、住宅ローンの金利や疾病部分の保障といったメインの部分ではなく、おまけとして付いてくるサービスを中心にご紹介させていただきました。長いお付き合いとなる住宅ローンですから、繰り上げ返済の利便性などは意外に重要な要素だといえるでしょう。

住宅ローンの借り換えを検討の際には、そういったおまけ部分にも目を向けて金融機関を選ぶことをおすすめします。

>>面倒な銀行選びと申し込み手続はお任せ!

【オススメ記事】 
住信SBIネット銀行の商品力の正しい評価と総合力とは
住宅ローンを借り入れするのに必要な諸費用は意外に高い!?
フラット35と銀行の住宅ローンはどちらがいいの?
どうする?あなたの住宅ローン 第7回:団体信用生命保険
もしやアナタかも!?いますぐ住宅ローンの借り換えを考えるべき人

こちらもチェック

住宅ローンの仮審査と本審査って何が違うの?

住宅ローンの借り入れをするため ...