借り入れ可能額と金利がわかる! シミュレーションなら「モゲスコア」

住宅ローン 借り入れ シミュレーション モゲスコア
(写真=Andrey_Popov/Shutterstock)

住宅を購入する際、重要となるのが予算です。予算次第で住宅の選択肢の幅も大きく変わります。多くの方が住宅購入の予算を考える場合、住宅ローンも選択肢に入れますが、実は簡単に住宅ローンの借り入れ可能額や金利をシミュレーションすることが可能なのはご存知でしょうか。

簡単?一般的な住宅ローンのシミュレーションとは

インターネットの普及によって、今や誰でも簡単に住宅ローンの借り入れ可能額のシミュレーションがネット上できるようになりました。大手都市銀行やネット銀行など多くの金融機関では、自社のホームページなどで住宅ローンのシミュレーションをすることができます。簡単な質問事項に回答をすれば、住宅ローンの借り入れ可能額を大まかに知ることができるのです。

一世一代の買い物とも言われる住宅購入の際は、ぜひ事前に住宅ローンのシミュレーションを利用して慎重に予算や計画を立てる事をおすすめします。ただし、これらのシミュレーションには問題もあります。

住宅ローンのシミュレーションを提供している金融機関は、当然のことながら自社の情報のみの掲載となっています。よって、金利が低く、借り入れ可能額がより多い金融機関を探すためには、数多くの金融機関のホームページでシミュレーションをする必要があります。

しかも、借り入れ希望額、前年度の年収、自社の金利コースもしくは希望金利を自身で入力するケースがほとんどで、実際のところ、本当に自分がどれくらいの金額や金利で借りることができるのかを知ることはできないものであるといえます。

また、ネット銀行以外の金融機関ではシミュレーションをするためにわざわざ実際に店舗まで出向き、相談をする必要がある金融機関もあります。自分に最適な住宅ローンを探すためには、多くの手間と時間が必要になることが大きな問題といえます。しかし、これらの問題を解決するサービスがあるのはご存知でしょうか。

最適な住宅ローンを簡単に探そう

住宅ローンの借り入れ可能額や金利を簡単にかつ具体的にシミュレーションをしたいのであれば、モゲスコアがおすすめです。モゲスコアを運営するMFSがこれまでに最適な金融機関へとコンサルティングした顧客の申し込み内容と審査結果データを用いて、あなたの住宅ローンの借り入れ可能額、金利を具体的に分析し、シミュレーションすることが可能です。

特に、他のシミュレーションサービスと異なる点は、サービス名であり独自のクレジットスコア(顧客の信用力を客観的に測る基準:米国では一般的)でもある「モゲスコア」を導入している点です。この「モゲスコア」は、年収や勤続年数などの10項目から、年収の何倍まで住宅ローンを借り入れできるかを示す日本初のクレジットスコアです。

このスコアのおかげで住宅ローンを申し込む前に、より具体的に自身の住宅ローンの借り入れ可能額や金利を知ることができるようになりました。

モゲスコアを利用するさらなるメリット

モゲスコアを利用するメリットはそれだけではありません。モゲスコアを利用したうえで、住宅ローンコンサルティングショップである「モゲチェック・プラザ」に相談することによって、140もの金融機関の1,200種類の住宅ローンの中から、あなたに最適な金融機関の住宅ローンを紹介してもらうことが可能です。140もの金融機関をあなたが走りまわる必要は無く、面倒な手続きの代行だけでなく、金融機関への融資交渉までも行ってくれるのです。。

また、実際にモゲスコア経由で住宅ローンの借り入れを行った場合、毎月のレポートや将来的な借り換え提案などのサービスを、継続的に完済まで受けることができます。これによって将来金利が変動した場合などにも、その時その時に適切な対応を行なう事が可能となります。

日本初のクレジットスコアサービスであるモゲスコアは現在、不動産・住宅情報サイトのHOME'Sとの連携も始まっています。住宅情報をHOME'Sで探しながら、住宅購入に際し具体的に自身に必要な住宅ローン情報をすぐにシミュレーションすることが可能となっています。

わずか10項目を入力するだけで、モゲスコアではあなたの住宅ローン借り入れ時の借り入れ可能額や金利をすぐに知ることができます。よくある面倒な会員登録なども無く、誰でもすぐにシミュレーションすることが可能です。

住宅購入を少しでも検討してみようと思っている方は、まずは物件探しの前に借り入れ可能額と適用金利をシミュレーションし、あなたの予算の目安を知ってみてはいかがでしょうか。

>> 物件を決める前、まずあなたの借り入れ可能額と金利を知るならこちら!!

こちらもチェック

住宅ローンシミュレーションは利用者の強い味方となるか?

念願のマイホーム購入に向けて、 ...